山口市で正社員の転職を考える場合

山口県・山口市正社員の転職を考える場合

山口県山口市で正社員の転職を考える場合には、本当に正社員でいいのかを考えましょう。
せっかく転職するのです。現在のワークスタイルからの違いをしっかりと理解しておきましょう。
正社員・契約社員・派遣社員の区別をいろいろな面から違いを説明いたします。
 
同じ企業であっても、最近は全て正社員であることが少なくなっています。
正社員以外に、契約社員・派遣社員があります。まずはこれを整理します。
 
■正社員
正規雇用で定年までの無期雇用として採用されます。
正社員として労働契約を締結したら、就業規則に規定されている定年まで会社は雇用する義務を持ちます。
正社員として勤務しているならば、自分の意志で退職したり不祥事をおこさない限り、会社が存続しているならば定年まで仕事ができるのです。
 
■契約社員
契約社員は正社員とは違って「有期雇用」です。契約する場合は6か月とか1年とかの期限を設定します。
その期間だけの雇用契約を締結します。期限が切れて、再び契約するかどうかを決めるワークスタイルです。
契約期間が決まっているから「契約社員」ということです。
 
■派遣社員
正社員や契約社員と異なり、実際に仕事をする企業ではなくて、人材派遣会社と契約を締結します。
所属は人材派遣会社になり、派遣会社と企業が会社同士で契約をします。
この人材を何年間派遣するという契約を結び派遣される感じです。
いつまで仕事をするのかとか、どういった形態を選ぶのかは人材派遣会社にあります。
 
では、給料はどのようになるのでしょうか?
 
■正社員
最初に決められた給料がもらえますし、契約が変わらない限り給料の金額が変わることはありません。
一般的な企業の場合は、一年に一度契約条件の見直しをして昇給などの調整をします。
最近では半期や4か月事の期で見直しすることもあります。
 
住宅手当・扶養手当・交通費が支給されることが多いですし、ボーナスや退職金もでます。
他のワークスタイルよりも一般的には安定しています。
無期雇用ですから、仕事ができる期間も長いです。一番多く給料がもらえるのが特徴です。
 
■契約社員
正社員と比較すると給料は低いことが多いです。また住宅手当や扶養手当やボーナスはないことが一般的になっています。
雇用契約期間が短いですから、給料の総額も少なくなってます。
企業によっては3年・5年などの期間を設定して契約社員から正社員に変更するケースも最近は増えています。
 
■派遣社員
ちょっと意外に思うかもしれませんが、給料は契約社員よりも多いことも少なくありません。
手当は出ないケースがありますが、交通費は支給されるパターンが多いです。
その理由は派遣社員を必要とする会社は働き手が不足しているからです。
給料を多めに出してでも働いて欲しいからですね。
派遣社員はずっと仕事をしてくれるわけではなく、期間限定だから給料が高くなっているのです。
しかし、昇給の機会は少なくボーナスもないので長期的に考えると正社員よりも合計の収入は少ないです。
 
では、正社員・契約社員・派遣社員の仕事内容はどのように違うのでしょうか?
 
これはケースバイケースですね。
しかし、正社員や契約社員は企業と直接雇用になりますから、面接の時に決められた業務以外の仕事もしなければならないことが多いです。
 
しかし派遣社員の場合は派遣会社との契約があり、そこで作業する業務内容が規定されています。
厳密に言いますと契約以外の仕事をしてはいけないのです。
それならば、正社員と契約社員の業務内容は違うと思いがちですが、そんなことはありません。
 
責任感という視点でいうと正社員の方が圧倒的に責任は重いです。
業務の幅も広くなります。こういった面から、敢えて正社員ではなくて派遣社員の道を選ぶ人も少なくありません。
まあ、正社員の場合は仕事が大変な反面、長期間勤務が原則になっていますから、経験値によって重要なポストを任されることもあります。
やりがいという面では魅力があるのです。


山口 求人

山口市 求人

山口県 求人